(L⇒R) 寺岡純二/いくみ/吉野エクスプロージョン/清水昂太朗/加藤秋人

令和元年(2019年)、始動。

ハンブレッダーズ、加速するラブズ、フィッシュライフ…と関西で話題を集めていたバンドの元メンバーを中心に、「また歌いたい」という一心で結成。JUDY AND MARY、Mr.Children、くるり、KIRINJI、フジファブリック、吉澤嘉代子…などの邦楽アーティストをはじめとしながら、RadioheadなどUKロック、海外フュージョン、プログレッシブロック、Vulfpeckなど現代ファンクやR&B、コンテンポラリージャズなど幅広い音楽をルーツに持ち、それが(夜と)SAMPOの音楽性にも反映されている。

2020年7月、1st E.P.「夜と散歩」をリリースし、リード曲「革命前夜」でブレイク。同年8月に初ライブを実施。コロナの影響でいきなりワンマンライブからライブキャリアをスタートすることに。そこからわずか半年後の2021年2月、"eo Music Try 20/21"でグランプリを受賞。メンバーの巧みな演奏力とパフォーマンス・表現力、そして根底にある強い想いが、審査員・観客を魅了した結果となった。

根底にある強い想い、とは何か?(夜と)SAMPOはメンバー全員が会社員。「社会人バンドの星になる」「何かを選ぶために、何かを捨てなくてもいい」という意志のもと、仕事をしながら誰かの心を奮わせる音楽を作り、結果を出していく。それにより、世の中の「人生の選択に悩める人」「何者かになりたい人」を少しでも勇気づけることができたら、バンドにとって何よりの幸せである。暮らしには、目的がある。目的を達成するため日々命の火を燃やす。 だが時に人は、目的を追いすぎるがあまり 本質から離れてしまう。 対して"散歩"とはいわば無目的なもの。意外にも、無目的には本質が潜んでいる。学校や仕事が終わってからの“夜”、 音楽を聴いたり、友達と酒を呑み交わしたり、緩やかな無目的の中にこそ気づきを得られる。 そんな夜の無目的な一歩に、我々はなりたい。


Vo.いくみ

うたと服が好き。新曲リリースのたびに、

曲に合わせた衣装を調達するのが趣味。

気づいたらすぐ帰っている。

Gt.吉野エクスプロージョン


エモの化身。その日のエモ具合と、

ライブ中の無駄な動きの数が比例する。

音楽とサウナと犬のために生きている。

Key.清水昴太朗


植物・園芸オタク。家に温室があり、なんと

300鉢ほどの植物を育てている。

しかも、ライブではキーボード5台を

同時に演奏する。数の暴力派。

Ba.加藤秋人


人類で32番目くらいに声が低い。持ち前の

声の低さを活かしてベースを弾いている。

このごろはコーヒー淹れるのに

ハマっているらしい。

Dr.寺岡純二


28歳になって、ソシャゲをやめた男。